例えば終身保険を定期保険へ

終身死亡保険は高いです。特に貯蓄性を考慮した終身死亡保険に加入されている場合、家計に響きます。夫婦二人、また独身の場合にはそれでも保険料を払っていくことができると思いますが、お子さんが生まれると奥様が働くことが出来ない期間が出てきます。

休業する事が出来る場合はそれでも収入が途切れることがないため、お子さんがある程度の月齢、年齢になって保育園に入る事が出来るという見通しがあれば、終身死亡保険をそのまま継続していくという事も将来への安心材料となりますが、結婚されてパート、アルバイトされていたという場合、休業とはいかずいったんアルバイトを辞めることになりますので、その間の収入が途絶えます。都市部に暮らしていて、保育園への加入が望めないかもしれないという場合、長く夫一人の収入で家計を賄う事も考えておかなくてはなりません。

家計が苦しいという場合、終身死亡保険を定期死亡保険に切り替えるということも選択肢の一つです。お子さんが成人するまで提起型の死亡保険に加入し、保険料を軽減することで家計に響かないようにする、また余裕があるようなら節約できた分をお子さんの教育費用などに充てることもできます。今どのような事をすれば、保険の月額費用を抑えることができ、また安心の保険に加入できるのかを考えていきましょう。

About the Author

運営者