住宅ローンとの兼ね合いを考える

賃貸に暮らしている方も、いずれは自分の住宅を購入したいと考える方が多いです。賃貸で高い家賃を継続して払っていくよりも、いずれ自分の城となる住宅を購入し、住宅ローンを支払っていく方がいいと考える人の方が多くなっています。こうした場合、やはり保険料が響き、住宅ローンの支払い、貯蓄が難しいと考える方も少なくありません。

住宅ローンは頭金をどの位支払えるかによって月額の支払い金額が変わってきますが、2万、3万という月額の返済金額で済むという話ではありません。一般的に賃貸費用位、7万から10万位を毎月支払うという人が多くなります。そうなると、家計にはかなり響きますので、保険料など節約できる部分をきちんと見直しする必要が出てきます。

住宅ローンを組む時には、通常、団体信用生命保険に加入します。これで住居費用に関する保障額を減額する事が出来ます。生命保険の死亡保障額を見直す事もできますので、保険見直しを行ってどのくらい保険を節約できるのか、それを住宅ローンや貯蓄に回すことができるのかを考えていくべきです。

保険料にしても住宅ローンにしても、毎月支払っていく費用となりますし、途中で支払いをストップする事もできません。自分たちの生活の中で詰める事の出来る部分をしっかり詰めて、保険料をコストダウンし住宅ローンの組み方なども考えていく方がいいでしょう。

About the Author

運営者