住宅ローンとの兼ね合いを考える

賃貸に暮らしている方も、いずれは自分の住宅を購入したいと考える方が多いです。賃貸で高い家賃を継続して払っていくよりも、いずれ自分の城となる住宅を購入し、住宅ローンを支払っていく方がいいと考える人の方が多くなっています。こうした場合、やはり保険料が響き、住宅ローンの支払い、貯蓄が難しいと考える方も少なくありません。

住宅ローンは頭金をどの位支払えるかによって月額の支払い金額が変わってきますが、2万、3万という月額の返済金額で済むという話ではありません。一般的に賃貸費用位、7万から10万位を毎月支払うという人が多くなります。そうなると、家計にはかなり響きますので、保険料など節約できる部分をきちんと見直しする必要が出てきます。

住宅ローンを組む時には、通常、団体信用生命保険に加入します。これで住居費用に関する保障額を減額する事が出来ます。生命保険の死亡保障額を見直す事もできますので、保険見直しを行ってどのくらい保険を節約できるのか、それを住宅ローンや貯蓄に回すことができるのかを考えていくべきです。

保険料にしても住宅ローンにしても、毎月支払っていく費用となりますし、途中で支払いをストップする事もできません。自分たちの生活の中で詰める事の出来る部分をしっかり詰めて、保険料をコストダウンし住宅ローンの組み方なども考えていく方がいいでしょう。

例えば終身保険を定期保険へ

終身死亡保険は高いです。特に貯蓄性を考慮した終身死亡保険に加入されている場合、家計に響きます。夫婦二人、また独身の場合にはそれでも保険料を払っていくことができると思いますが、お子さんが生まれると奥様が働くことが出来ない期間が出てきます。

休業する事が出来る場合はそれでも収入が途切れることがないため、お子さんがある程度の月齢、年齢になって保育園に入る事が出来るという見通しがあれば、終身死亡保険をそのまま継続していくという事も将来への安心材料となりますが、結婚されてパート、アルバイトされていたという場合、休業とはいかずいったんアルバイトを辞めることになりますので、その間の収入が途絶えます。都市部に暮らしていて、保育園への加入が望めないかもしれないという場合、長く夫一人の収入で家計を賄う事も考えておかなくてはなりません。

家計が苦しいという場合、終身死亡保険を定期死亡保険に切り替えるということも選択肢の一つです。お子さんが成人するまで提起型の死亡保険に加入し、保険料を軽減することで家計に響かないようにする、また余裕があるようなら節約できた分をお子さんの教育費用などに充てることもできます。今どのような事をすれば、保険の月額費用を抑えることができ、また安心の保険に加入できるのかを考えていきましょう。

シンプルにしてから考える

保険料見直しを行う時、まず自分が加入している保険の内容がどのようになっているのか、という事をしっかり把握しましょう。医療保険なら入院、通院の際どのくらいの費用が出るのか、手術となった場合いくらまで保障してくれるのか、仕事が出来ない期間がある場合、その期間の生活保障はどうなのか、傷害分野は適応しているのか・・・こうした細かい事をかきだしてみてください。

次にこの保障は絶対に必要、こっちはいらない、これはどうなのかわからない・・・という部分をかきだします。いらないと思う部分についても、どうなのかわからないという部分については、保険見直しのスタッフの方にしっかり相談しましょう。

死亡保障、医療保障などを見直す事、特約とダブりがないか確認、特に多いのは、生命保険と医療保険で同じような特約が付いていることが多いという点です。死亡保険や医療保険に必要なものだけ加入し、特約など必要ないモノ、ダブっているものはそこからマイナスします。

そうすると毎月の月額保険料も低く済み、無駄な保障に費用を払う事もなくなります。保険をシンプルにする、そこから必要な事を考えていく、こうした順番をしっかり決めて保険見直ししていくとわかりやすくまた自分が加入している保険の内容を把握できます。

保険見直しをしてみよう

万が一の際、自分と家族を守ってくれる保険は生命保険、医療保険、傷害保険等色々な保険があります。もし怪我をしてしまったり、病気をしてしまったという時、怪我や病気の治療費を出してくれたり、生活保障の保険や特約に入っていれば、生活費用なども不安がありません。でも、多くの方が一度保険に加入されると、全く保険見直しすることなく、ライフサイクルが変わった、ライフステージが変化したという時でも、そのままになっていることが多いのです。

万が一、もしもの時にしっかり利用できる保険じゃないと意味がありません。こういう保障があると思っていたのに、その保障、特約に加入しておらず、受ける事が出来ると思っていた保証を受けることが出来なかった・・・となると、万が一の際の保険になりません。

最初から、すべてにおいて全く問題のない、これでもかと思うくらいの保障に加入しておけばいいのではないか?と考える人もいるのですが、それでは保険料がかなり高くなってしまいます。毎月の保険料の負担が多くなると、途中解約してしまう人も多く、そうなると非常にもったいないです。

保険見直しはもちろん、必要な保険内容が揃っているという保険があれば、他の保険にすることもできますし、特約をプラスしたりマイナスしたりして、その方、またご家族に必要な保証を得るように考えていくこと、さらに保険料の負担が大きいと思えば、保険料自体の見直しを行うなどするのです。

保険料見直しを行いたいという人の多くが、保険料の負担に困っていて、もう少し家計に響かない保険にしたいと願ってます。当サイトは月額費用で保険見直しを考えてみます。皆様のお力になれたら幸いです。